簡単で美味しいコスパ抜群の焙煎アイスコーヒーの飲み方

コーヒー

焙煎コーヒーを飲んでみたいけどどうやって飲んだらいいのかわからないという方に
焙煎コーヒー歴8年の僕が超簡単に時間をかけず抜群に美味しく飲める方法を共有したいと思います

人生で飲めるコーヒーの量は決まっています
だからせっかくなら毎回スペシャルティコーヒーを飲もうと決めています
最近ではイオンに入っているカルディなんかでも気軽にスペシャルティコーヒーを買えるようになったのでこだわりショップの焙煎コーヒーが買いに行けないときには よく近くのイオンまで走ったりします

そんなコーヒー大好き人間な僕がおすすめする
超絶簡単で毎日簡単に続けられる焙煎コーヒーの飲み方をお教えします

その前に焙煎コーヒーを毎日簡単に楽しむにあたって気を付けたいことが3つあります
それは

  1. 焙煎コーヒーは豆で買うこと
  2. コーヒーミルは電動を購入すること
  3. お金は惜しまないこと

1.焙煎珈琲は豆で買うこと

まず焙煎コーヒーを美味しく長く毎日飲んでいきたい
コーヒー生活を始めたいあなたは必ずコーヒー豆を豆のまま購入してください
店員さんに聞かれます 「お挽きしますか?」って
ここはさりげなく「豆で」というのが正解です

豆は粉末に挽いてしまったらそこから乾燥が早まり香りも飛んでいってしまいます
極上のコーヒー生活を送りたいならぜひここは豆で購入しましょう

2.コーヒーミルは電動を買うこと

コーヒーを始めたての時に悩むのが豆を挽く機械の選び方
これは絶対に絶対に電動を選んでください
なぜなら毎日極上のコーヒー生活を送るために毎回手で回して豆を挽きますか?

確かに手動のコーヒーミルは見た目がかっこいい
欲しい・・ あってもいいかなと思う
でも これを毎回毎日となったときに絶対に「コーヒーって面倒くさい」
そうなってしまう可能性は高いです

電動ミルにもいろいろありますが コーヒー豆には熱を加えたくないので
熱が加わらない電動ミルを選ぶとなおさらいいです
少し高いですが僕はナイスカットミルという電動ミルをもう5年ほど故障もなく使用しているので
十分すぎるくらいに元はとれました

余裕があるならナイスカットミルはおすすめです

3.金をケチらないこと

極上のコーヒー生活を送るりたいなら当たり前ですがお金を惜しまないことです
自宅でこういったコーヒーを美味しく簡単に飲む道具さえできてしまえば
普通では味わえない極上のコーヒー生活を結果的にはかなり安価に手にいれることができるし
コーヒーを語るなら道具はせめて持っておかないと語れません
本物の道具があってこそ舌は肥えてきます
これ僕の名言です 
でも本当にそう思いますね

だからコーヒー豆も躊躇せずに少しだけ高価なスペシャリティコーヒーを飲んでほしいですね
少しだけ高いだけなのに その香りと味は格段に上がりますから
「コーヒーは嗜好品ですからね」と行きつけの焙煎コーヒー店の方に教わりました
まさにコーヒーは趣味であり嗜好品ですね
そこにお金をかけることは僕は悪いことではなくむしろ健全なことと思います

さて、焙煎コーヒーを飲むにあたって気を付けたいこと3つ
大丈夫でしょうか?

ではさっそく本題の
簡単で美味しいコスパ抜群の焙煎アイスコーヒーの飲み方
いきますね

美味しい焙煎コーヒーを飲むために必要な道具は6つ

  1. 電動ミル
  2. ドリッパー
  3. ペーパーフィルター
  4. 電気ケトル
  5. グラス(氷)
  6. メジャーカップ

美味しい焙煎珈琲をコスパ良く簡単に飲むためにまずは適切な道具を準備します
どれもネットで買えるものなので忙しい方、面倒な方はポチっておけば最短翌日からにでも
極上なコーヒー生活を始めることができるでしょう

まず電動ミルは僕は「カリタのナイスカットミル」を使っています
電動ミル

今は後継の「カリタナイスカットG」という商品に代わっています
まがいものもあるので注意してください

ドリッパー

ドリッパーは僕はペーパーフィルターでおとす方法にしています
手入れが一番楽なのと何といってもこの方法がやっぱり一番繊細で大胆な香りが引き立つと思います
なので百均のものでもいいんですが、中央に穴が大きく開いているタイプが雑味なく抽出できていいかと思います(穴が小さいとコーヒーが落ちるスピードが遅くなり濃くなります)

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターは2種類あります
漂白した白いものと無漂白の茶色いもの
一派的には無漂白のものは雑味が出るといわれていますが
僕はどちらでもいいと思っています

無漂白ペーパーフィルターから出る雑味というのは残念ながら僕には感じられませんでした

電気ケトル

電気ケトル最強です
美味しい焙煎コーヒーを手軽に毎日の生活に取り入れるにあたって
一番ネックなのが時間です どれだけ手軽に簡単に時短でコーヒーを淹れられるかによって
極上の焙煎コーヒー生活もひと仕事になってしまうかもしれません
ここは早い、安い、簡単の3拍子揃った電気ケトルを使っていきましょう
もちろんお水は僕はミネラルウォーターです
水道水はどうしても塩素の臭いが気になりますから

グラス(氷)

グラスは高さがあるものがおすすめです
いつも冷凍庫に一つ入れておけるように何個か購入しておくとよいと思います
アイスコーヒーは熱々のコーヒーを氷で冷やしながらおとすので
僕は勝手に氷で年中満タン状態にしています

メジャーカップ

コーヒー豆をいつもはかるのは面倒なので
メジャーカップがあると便利です
カリタから銅製のメジャーカップも販売しています
銅製なら殺菌効果も期待できますので気にされる方にはいいと思います

道具は以上です
一番あったほうがいいのはやっぱり有名なカリタの電動ミル「ナイスカットG」ですね
これが本当にコスパ良く極上のコーヒー生活をめちゃくちゃ楽しいものにしてくれましたね
豆で買ってこられることの楽しさがありますね

ということでここからは簡単で美味しいコスパ抜群の焙煎アイスコーヒーの飲み方について
いよいよ実践していきましょう

簡単で美味しいコスパ抜群の焙煎アイスコーヒーの淹れ方

  1. 豆を計る
  2. 豆を挽く(中挽き)
  3. グラスに氷を入れセット
  4. お湯を注ぐ(注ぎ方のポイント)
  5. 焙煎アイスコーヒー完成

1.豆を計る

アイスコーヒーの豆の分量はどれくらい入れたらいいのか?
これはコップの大きさや抽出する量によって変わります
なので最初はカリタのスプーンであれば2杯くらいからはじめて
自分の好みにどんどん調整していけばいいです

アイスコーヒーはホットよりも少し濃いめでも美味しいと思いますよ

2.豆を挽く(中挽き)

コーヒー豆を電動ミルに投入したらあとはスイッチ一つ押すだけなんですが
ここでポイントです

カリタの電動ミルは細引き・中びき・荒びきが選べるようになっていますが
まずは中挽きで始めてみて下さい

基本的には細引きだと濃くなりますし 荒挽きだと薄くなります
もっと言うといろいろありますが そういう感覚でいいと思います

3.グラスに氷を入れセット

豆が挽けたらあとは冷凍庫の中で冷え冷えになったグラスに氷を満タンに入れましょう
アイスコーヒーはこの氷で冷やしながらおとしていきます

ホットコーヒーの味とアイスコーヒーの味 全然違いますよね
アイスコーヒーは香りを閉じ込めたというか あとから香りがやってくるというか
みなさんどう感じているでしょうか?

4.お湯を注ぐ(注ぎ方のポイント)

コーヒーはお湯の注ぎ方でまた味が変わります
ここまで道具にこだわってきたのですから最後まで気を抜かずに覚えてください
簡単です

まずはグラスにお湯が落ちない程度に豆に一回りお湯をかけて10秒ほど蒸らしてあげます
それからまた少しづつお湯を回し入れます

同じところに注ぎ続けると浮いてきた豆に水分が行きわたらず薄くて雑味が多いコーヒーになってしまう印象があります

5.焙煎アイスコーヒーの完成

最後に注いだお湯は全部出し切ると苦みや雑味が出てきます
なので少しお湯を残した状態でドリッパーをグラスから外します

これで美味しい焙煎コーヒーの完成です

簡単で美味しいコスパ抜群の焙煎アイスコーヒーの飲み方
いかがだったでしょうか?

焙煎コーヒーを始めたいけど電動ミル買えないよ~って方は
まずはお店で挽いてもらうことをおすすめします

ペーパーフィルターとドリッパー
どちらも百均のもので大丈夫です

もっと美味しく飲みたいっていう気持ちが出てきたらその都度道具をそろえていけばいいですよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました